お知らせ・ブログ

【お役立ち情報】新築住宅を取得すると減税措置はあるの? ◆新築・不動産 知識1◆

2017/10/30

◆新築住宅を取得した際の減税措置◆

固定資産税とは、市町村が個人や法人の持つ固定資産に対して課税する地方税です。

2018年(平成30年)3月31日までに新築された住宅については,

新築後一定期間の固定資産税が減額されます。

 適用対象は,下記の条件を満たす住宅です。

 1.専用住宅併用住宅であること。

  ※併用住宅については,居住部分の割合が延床面積の2分の1以上のもの

 2.住宅(賃貸住宅を含む)の床面積が50㎡(一戸建以外の貸家住宅は40㎡)以上

 280㎡(84.7坪)以下であること。

 3.新築した翌年1月31日までに申告

減額される範囲

減額の対象となるのは,新築された住宅用の家屋のうち住居として用いられている部分(居住部分)だけであり

併用住宅における店舗部分,事務所部分などは減額対象となりません。
なお,住居として用いられている部分の床面積が120㎡(36.3坪)までのものはその全部が減額対象

120㎡(36.3坪)を超えるものは120㎡(36.3坪)分に相当する部分が減額対象になります。

減額される額

減額対象に相当する固定資産税の2分の1が減額されます。

減額される期間

◎一般の住宅分➡新築後3年度分(3階建以上の中高層耐火住宅等は5年度分)

◎長期優良住宅分➡新築後5年度分(3階建以上の中高層耐火住宅等は7年度分)

資料請求・家づくりの
ご相談はこちら!

スリーピースホームへのお問い合わせ・ご相談・
資料請求は電話または
フォームより承ります。

 


logo

スリーピースホーム株式会社
広島県福山市駅家町法成寺95-5
TEL:0120-009-718

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。