お知らせ・ブログ

先輩ママさんが失敗した間取りの失敗例トップ10【Part②】

2021/07/12

子育てママさん546名に聞きました!Part②

先輩ママさんが失敗した間取りの失敗例トップ10

お待たせしました! 前回のパート①に続き、いよいよTOP5の発表です。

このテーマは、[実際にお家を建てられた先輩ママさんの失敗談から学ぼう!]ということで、

 「ここを後悔してます。。。」というアンケート集計の生の声を発表しています。

それではTOP4、いってみましょう♬

 

 

第4位 「玄関の収納を増やしておけば良かった」

 

(多かった回答)

収納をもっと大きく取っておけばよかった!

鏡をつければ良かった。

 

(対応策)

子育て世代にとって、物は次から次へと溢れ出てくるもの。

ベビーカーや、お子さまの野球バットやボール。想定以上のものがどんどん出てきます。

このようなことから、お子さまが大きくなるにつれ、もっと収納スペースを作れば良かったという失敗談が多いようです。多くの靴を収納するのはもちろんのこと、コートを収納できるクロークを設置すると、非常に使い勝手の良い玄関になります。

 

 

第3位 「駐車場が狭くて車を出しにくい」

 

(多かった回答)

家族が乗れるミニバンに乗り換えたら、乗り降りが狭い!

子供たちの自転車が増え、駐車スペースにせり出してきた。

 

(対応策)

ライフステージに合わせて車のサイズが大きくなることを見越しておきましょう。

駐輪スペースも必須です。駐輪できるだけでは便利とは言えません。奥まった場所から自転車を出すのは大変です。他の自転車を一旦どかさなくてはいけないかもしれません。 また、子供の成長とともに、バイクを購入する可能性もあるでしょう。そういった可能性も踏まえてしっかりと健闘しましょう。

 

 

第2位 「お風呂場が。。。」

 

(多かった回答)

玄関からお風呂場をもっと近い場所にすれば良かった!

脱衣場をもっと広くして、衣類を収納できるようにしておけばよかった。

 

 

(対応策)

お子さまが小さいうちは、玄関からお風呂場までの距離が遠いと、外遊びからの帰宅時に途中のホールや廊下が泥だらけになってしまいます。

ペットを飼っている家庭なども、玄関からお風呂場が近いと便利ですよね。また、最近ではコロナ禍の影響もあり、玄関入って近くに手洗い場を設ける間取りも増えてきています。

 

 

 

第1位 「キッチンで失敗した。。。」

キッチンは女性にとって、とっても長い時間を過ごす場所なので、失敗しないことはもちろん、こだわりたい空間ですね。

 

(多かった回答)

キッチンのスペースが足りなかった。もっと収納を増やしておくんだった。。

キッチン収納をたっぷりとったけど、奥行きが深すぎた。

(対応策)

人気の対面式キッチンですが、通路が狭い・ゴミ箱をおくスペースがないといった声も多いようです。また、調理台のスペースを広くとらなかったために、ミキサーやケトルを置くだけで作業するスペースがないいった後悔も。

対策としては、置く可能性のある家具を全て書き出して、どこに置くのかを先に予想しておくことです。

パントリーなどの収納は奥行き40㎝~60㎝を基本とし、可動棚とするなど、可変的に対応できるようにしておくとライフスタイルの変更に合わせることができるでしょう。

 

 

 

TOP4位~1位までの発表と、対応策でした♬ いかがだったでしょうか。

「絶対失敗しない!」家づくりを目指すには、やっぱり先輩の生の声を聴くに限ります!

失敗を回避するにはいろんな方法があるので、地元の工務店に相談して、理想のマイホームを手に入れてくださいね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 スリーピースホーム株式会社

     竹信 勝利

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

c 2021 福山の注文住宅は地元・福山に根ざした工務店スリーピースホーム ALL RIGHTS RESERVED.

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。