お知らせ・イベント情報・ブログ

フローリングについて2

2022/08/08

皆様、こんにちは!

スリーピースホーム大杉です。

今年は非常に熱く日々汗だくで現場を回っています。

さて、今回は複合フローリングについていろいろ書いていこうと思います。

複合フローリングは複数の合板を張り合わせた下地材の表面に天然材やシートを張り合わせた

フローリングのことなのですが、表面に張る材料によって種類が変わります。

大きく分けて3つあって挽板、突板、シート張りがあります。

それぞれの特徴は下記になります。

●挽板

無垢材の質感を残したフローリングで

表面に2㎜ほどの厚みの木材は張ってあって見た目や質感は無垢の木材とほぼ同じです。

経年変化といった木材の味を楽しむこともできて木材部分の収縮や膨張が少ないのが特徴です。

傷が付きやすくて、水に弱いといったデメリットがあり、日々のお手入れが必要です。

●突板

木材を3㎜ほどにスライスしたものを下地材の上に張ったフローリングです。

木の風合いを楽しむことができて、挽板よりも安価に買うことが出来ます。

軽量で品質が安定しているのも特徴です。

表面材が薄いので深い傷が付くと下地材が見えてしまいます。

木材を使用していますが、経年変化はありません。

●シート張り

表面材に木材は使用されてなくいろいろな柄をプリントしたシートが張ってあります。

コストパフォーマンスが高く、色柄やデザインが豊富で傷や汚れに強いフローリングです。

木の質感を表現したものがあったり木目以外の柄があったりと選択肢が広いです。

木材本来の質感は有りません。

肌触りがつるつるしていて、水には弱いです。

床材は他にも種類があるので

また紹介しようと思います。

読んでいただきありがとうございました。

c 2022 福山の注文住宅は地元・福山に根ざした工務店スリーピースホーム ALL RIGHTS RESERVED.

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。