お知らせ・イベント情報・ブログ

令和4年4月に価格改定した公共料金や日用品、サービス

2022/04/30

令和4年4月は、家計に影響を与えそうな日用品や公共料金、食料品、各種サービスの値上げが相次いで発表されました。4月に値上げをした品目をチェックしていきましょう!

 

毎日の生活に必要な「日用品」や「住宅用建材・設備機器」が値上げに

 

紙製品
トイレットペーパーやペーパータオルなどの家庭紙製品全品を、10%以上値上げ。
ベビー用紙おむつを、約10%値上げしました。

 

照明器具・蛍光灯
照明器具・蛍光灯の価格を改定。照明器具は平均5~10%程度、蛍光灯は約30%の値上げとなります。

 

タイヤ
国内市販用タイヤやチューブ、フラップのメーカー出荷価格を改定。7~10%の値上げとなりました。

 

住宅用建材・設備
一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を受注分から改定。ユニットバスルームは4~39%、トイレは2~33%、キッチンは2~11%など、最大で4割近くの大幅な値上げとなりました。

 

3月に続き、電気やガス、ガソリンも値上げ

電気
大手電力会社10社のうち7社が、2022年4月分の値上げを発表しました。4月値上げのなかった北陸電力、関西電力、中国電力が既に上限価格を超えており、4月からは四国電力と沖縄電力も上限価格を突破しています。超過分は電力会社が負担をしています。

ガス
大手ガス4社も、4月分について値上げ。

 

交通機関や銀行など、各種サービスにも値上げの波

高速道路通行料金
首都高速道路は、令和4年4月1日から通行料金の変更を実施しました。

 

新幹線や一部特急列車の指定席特急料金
JR東日本・JR西日本・JR北海道は令和4年年4月1日乗車分から、新幹線や一部特急列車の指定席特急料金を改定しました。

 

航空運賃
JALグループは令和4年4月15日以降の購入分に対し、国内線運賃を値上げ。

 

紙通帳利用手数料
三菱UFJ銀行は、令和4年4月1日以降に開設された普通預金口座に対し、紙の通帳を利用する場合は「紙通帳利用手数料」として、年間550円(税込)の手数料がかかります。なお、18歳未満もしくは70歳以上の個人や、2022年3月31日以前に開設した普通預金口座に関しては、手数料の対象となりません。

 

このように様々な 分野で値上げラッシュが続いていますが、今後も値上げの波は続きそうです。

余計な出費がないよう家計を見直し、対策を講じながらこの局面を乗り切らないといけませんね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 スリーピースホーム株式会社

   竹信 勝利

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

c 2022 福山の注文住宅は地元・福山に根ざした工務店スリーピースホーム ALL RIGHTS RESERVED.

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。