全棟耐震等級3×ZEH仕様が標準搭載

愛する家族の笑顔と
快適な暮らしを守るために

住まいの性能や構造部分は、デザインとは違って普段見えませんが、”何十年と長く快適に暮らしていく中で最も大事な部分”です。

森住建は家づくりのプロとして、そしてお客様のパートナーとして、長く快適に暮らせるような造り・素材を妥協なく追求し、愛する家族を守るのに充分なスペックの気密・断熱性能、耐震性能、制震性能を採用することで、数十年先も笑顔で快適に暮らせる丈夫な住まいをご提案しています。

スリーピースホームはこれら性能すべてを
標準採用しています

「耐震+制震」による地震対策

日本最高等級の省エネ基準

高気密・高断熱な断熱材+サッシ

全棟「長期優良住宅」対応

耐震+制震は、なぜ地震の揺れを抑えられるのか?

耐震は、建物の構造を強化&補強することで地震の揺れに対抗しようとする構造のこと。
耐震構造を取り入れることで、地震に強い家づくりができるのは確かですが、当社では耐震に加えて制震をおすすめしております。

耐震だけですと、一度目の揺れには耐えられる構造であっても、二度目の揺れに耐えられるかどうかは下記の実験動画をご覧いただければ明らかです。

一言で地震といっても大型の地震においては、本震と余震があり、余震が本震と同程度の規模であることも珍しくありません。

当社では耐震により地震に強い建物を作り、制震によって地震の揺れが建物に与えるダメージを抑える、耐震+制震をおすすめ致します。