ヌックってなに? 家の中に小さな「居心地のいい場所」を作ってみよう!-福山市で注文住宅ならスリーピースホームで

最近よく耳にする「ヌック」。いったい何なのでしょうか?

ヌックとは、家の中にこぢんまりとした居心地のいい空間を作ることを指します。

もともとはスコットランド語で「暖炉のそばにある腰掛け」という意味の言葉で、そこから「温かくて居心地のよい場所」という意味で使われるようになりました。

ヌックは、リビングやダイニングの一角、階段下や廊下などのちょっとしたスペースを利用して作ることができます。壁やドアで仕切らず、段差や素材の違いなどでゆるやかにゾーニングすることで、開放的な空間を保ちつつ、自分だけの特別な空間を生み出すことができます。

ヌックの広さは、2~3畳程度が一般的です。あまり広いと開放感が損なわれてしまいますし、狭すぎると圧迫感を感じてしまいます。

自分の好みの広さを見つけるのがポイントです。

ヌックの使い方は自由自在です。ソファやクッションなどを置いて読書スペースにしたり、デスクを設置してワークスペースにしたり、子どもの遊び場やペットのくつろぎスペースにしたりすることができます。

ヌックを作るメリットはたくさんあります。

  • 家の中に自分だけの空間を作ることができる
  • 家族との時間をより楽しく過ごせる
  • リラックスしてくつろぐことができる
  • 趣味を楽しむことができる
  • 収納スペースとして活用できる

ヌックを作るデメリットとしては、ある程度のスペースが必要になることが挙げられます。

また、独立した部屋ではないので、防音性や遮光性に欠けるという点も考慮しておく必要があります。

ヌックを作る際のポイントは、以下の通りです。

  • 設置場所: 日当たりや風通しの良い場所を選ぶ
  • 広さ: 自分のライフスタイルに合った広さを選ぶ
  • 使い道: ヌックでどのように過ごしたいかを考えて、必要な家具や設備を設置する
  • ゾーニング: 段差や素材の違いなどで、リビングなどの空間とゆるやかに区別する
  • 照明: 落ち着いた雰囲気の照明を選ぶ

ヌック作りは、DIYでチャレンジすることもできます。

木材やベニヤ板、ペンキなどを用意すれば、比較的簡単に作ることができます。

以下は、ヌック作りの具体的なアイデアです。

  • リビングの一角に読書スペースを作る: 本棚やソファ、照明を設置して、読書や勉強に集中できる空間を作る
  • ダイニングの一角にワークスペースを作る: デスクやチェア、コンセントを設置して、テレワークや作業に集中できる空間を作る
  • 階段下に収納スペースを作る: 棚や引き出しを設置して、本や雑貨などを収納する
  • 廊下の一角にくつろぎスペースを作る: ベンチやクッションを設置して、読書や休憩を楽しめる空間を作る

ヌックは、家の中に居心地のいい空間を作ることで、暮らしをもっと豊かにしてくれるものです。

ぜひ、自分だけのヌックを作ってみてはいかがでしょうか?

ヌックで叶える、夢の暮らし

ヌックがあれば、家の中に自分だけの特別な空間を作ることができます。

読書や勉強、仕事、趣味など、好きなことを存分に楽しむことができます。

また、家族との時間をより楽しく過ごしたり、リラックスしてくつろいだりすることもできます。

ヌックは、暮らしの可能性を広げてくれる魔法のような空間です。

ぜひ、あなたもヌックを取り入れて、夢の暮らしを叶えてください。

福山市で注文住宅をご検討でしたら、スリーピースホームへ資料請求・相談などお気軽にお問合せください。
福山市で注文住宅を建てるなら「スリーピースホーム」へ。
当工務店・ハウスメーカーの魅力は、「デザインX価格X性能」3拍子揃った総合力です。
家づくりについて勉強会も開催していますので是非お気軽にご予約くださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!